自由診療

ホーム > 自由診療 > 巻き爪治療

巻き爪治療

巻き爪治療

巻き爪とは、何らかの原因によって爪が巻いて指の肉に食い込んでしまう病気です。原因は、深爪や遺伝・体質、靴など様々です。

以前までは手術による治療法が一般的でしたが、術後に痛みが残ったり、跡が残ったりと女性からは不評な治療法でした。

当院ではVHO式矯正法とペディグラスという、2つの治療法で巻き爪を治療しております。

VHO式矯正技術

VHO式矯正技術は、専用のスチール鋼を爪の両側にかけ、専用のフックで巻き上げ、固定し巻き爪を矯正する方法です。

施術当日から入浴や運動も可能で、日常生活に支障がない優れた治療法です。

医療機関での施術費は保険適用がないため、自由診療となります。

VHOの施術手順

1.専用のワイヤーを爪の大きさに合わせて切ります。

矢印

2.爪の湾曲状態にあわせてワイヤーを曲げていきます。

矢印

3.フックを爪の左右に引っ掛けます。※参照

矢印

4.左右のフック(VHOワイヤー)をループで巻き上げ、固定します。

矢印

5.余分なワイヤーをカットし、靴下等が引っかからないように固定部分を人工爪でコーティングします。

矢印

6.VHOワイヤー治療完了です。

※爪に引っ掛けたワイヤーは、食い込んで痛いように見えますが、血管が走っている真皮内まで突き刺すわけではないので痛みを感じることはなく出血もしません。従って、麻酔の必要もありません。

ペディグラス治療法

ペディグラスは、日本で開発された新しい巻き爪の矯正技術です。

爪の先端に特許取得の巻き爪補正器具を装着し、痛みや爪に傷が付くといった心配がなく巻き爪を矯正することができます。

器具は透明なので、装着していても目立つことがなく、ネイルを塗ったりすることも可能です。

どんなタイプの巻き爪にも対応でき、月に一度の交換で再発しにくい安全な最新の巻き爪ケア法です。

ペディグラスの施術手順

1.巻き爪の程度を数表で測ります。

矢印

2.補正器具で補正していきます。

まず、器具に爪用接着剤のジェルを塗り、ジェルが固まらない内に爪に器具を装着します。

矢印

3.最初に塗ったジェルが固まったら第二ジェルを塗り、補正具のハンドル部分を持って補正を掛けていきます。ジェルは、1分程度で硬化します。

矢印

4.ジェルが固まったら、余分な部分をカットしていきます。

さらに、段取りを行ったあとに自然な仕上がりになるよう、やすりで削っていきます。

矢印

5.最後にキューティクルオイルを塗って完成です。

院内風景 設備写真 設備写真
診療時間
  • 医院案内/アクセス
  • えきや外科からのお知らせ
  • お問い合わせ