診療案内

ホーム > 診療案内 > 肛門科

肛門科

肛門科

肛門科は外科の一分野で、肛門の専門治療を行う診療科です。

肛門科診療内容

  • ・内痔核/外痔核/痔瘻
  • ・肛門周囲膿瘍/肛門周囲そう痒症
  • ・肛門がん/直腸がん
  • こんな症状の方が受診しています

  • ・肛門に痛みや出血、膿がでるなどの症状が現れた方
  • ・お尻(肛門)のトラブルで人知れず悩んでいる方
  • 肛門科の豆知識!~血便の原因~

    個人差はあるものの、排泄は日常生活では欠かせない生理現象です。その便にもし血が混じっていたら、ストレスや痔なども考えられますが、大腸がんの危険性も考えられます。

    ここではその見分け方をご紹介します。

    痔が原因の場合

    いぼ痔は、肛門からぽたぽたと垂れたりトイレットペーパーに付着する程度のものから、便器が血で染まるほどの大量出血となる場合があります。

    切れ痔は、トイレットペーパーにわずかに付着する程度ですが、いぼ痔と違い激しい痛みがあります。

    いずれも『赤い鮮血』です。

    大腸がんが原因の場合

    大腸がんには『結腸がん』『直腸がん』の2つがあります。

    『結腸がん』は小腸に近い結腸にできるため、水分を多く含んだ柔らかい便がでます。初期の段階では下痢や便秘といった症状はほとんど起こりません。また、血と便が混ざりやすいため、便の色が黒く変色します。

    『直腸がん』は肛門に近い場所にできるがんです。直腸がんができると下痢をするようになり、いくら排便をしてもすっきりしません。直腸まできた便は水分も少なく、便と血液が混ざることがないので、便の表面にこびりつくような血の塊を確認できます。

    切れ痔より奥で出血しているため、血は赤黒い色をしています。

    しっかり排泄を行い大腸がんを予防しましょう

    体内に長く便が留まっていると、悪玉菌により便が腐敗し、発がん性物質が発生すると考えられています。食物繊維を多くとり体内の便をスムーズに排泄し、体内に便が留まる時間を短くすることが、大腸がんの予防につながります。

    また、食物繊維を含んだ便は柔らかく、スムーズな排泄は肛門にも負担を掛けないので、痔の予防にもなります。

    上記の原因だけで「自分はがんじゃない」などの自己判断を行うのは非常に危険です。少しでも疑いがある時は必ず病院で検査を受けましょう。

    診療時間
  • 医院案内/アクセス
  • えきや外科からのお知らせ
  • お問い合わせ